NEWS

さとう衣料店のブログです。

2022年の春。フィールドノートと姉妹店宣言いたします。

 

2022年春。

このたび、宮古市タイマグラの「フィールドノート」さん(以下、FNさん)とコーヒー姉妹店となりました。

 

佐藤さん、タイマグラって行ったことある?

すでにお客様でもあった早池峰山荘さんのキュートな管理人ユリコさんに聞かれて、家族皆でタイマグラを訪ねたのが、2020年11月のこと。

ユリコさんにタイマグラの魅力について教えてもらった後に訪ねたのが、FNさんのお宿でした。

タイマグラ訪問日記

 

早池峰山のふもと、タイマグラの素晴らしい自然。

かつての開拓者の住まいを宿として活用しながら民宿業を営み、四季を通じて全国からお客様を迎える素敵なご家族の姿と、おいしい鯛焼きの味に時間を忘れたものですが、私にとって一番印象的であり心揺さぶられたのは、平屋の中に凝縮された唯一無二の「美術、アート」を感じたことでした。

薪ストーブで燻された壁に家族の写真とともに飾られたチラシ。

風呂や味噌の桶から食器類からカゴにいたるまで民藝そのものに囲まれた空間の存在する、タイマグラという場所。

(後日、FNさんのご主人の弟さんご夫婦が営む南部桶正さんもお邪魔しましたが、ここも素晴らしい暮らしぶり!)

 

タイマグラが好きすぎて早池峰山荘の管理人として勤め始めてしまったユリコさんの笑顔と、FNさんの民宿業のあり方にすっかり感銘を受けた私は、代表である父に提案して企画をごり押しし、その夜すぐに、FNさんのコーヒー担当「生君」(以下FN生君)に作文を書いてメールしました。

タイマグラという場所で飲むコーヒーは、おいしいものでなければならない!

 

 

 

FN生君とのご縁も刺激的なものでした。

メールのやりとりでの言葉使いから立ち振る舞いににじむ人柄に、歳の差を超えて共感しておりましたが、何よりもシネマデ・ア・エルさんでのイベントや、盛岡での催し物でのコーヒー販売会で独り参加して売上げをしっかりと作ってくる根性に、ひとりの商人として刺激を受けました。

俺が20歳だったらできるかできないか、まあ、できたはずですが…(大汗)

 

インターネットでの知識により簡単に何でもできてしまうような錯覚を得る、いわば「一億総クリエイター時代」に、私たちは他人様が時間をかけて築いていたものへの尊敬や畏敬の念を忘れがちです。

おまけに、震災から11年もの間、復興だ地方の時代だと踊らされてみたものの、結局のところグローバルの名のもとに大企業や都市部から一方的に発信されるだけの音楽にあわせてリズムをとっていたにすぎないおめでたさ、曲名は「だれでもプロデューサー音頭」、どうせ田舎なんだからこんなもんでええじゃないか。

そんな時代に、若いくせしてサムライ風情のオーラをまとうFN生君となら、地に足をつけて物事の本質をとらえ物事を研究し、そのうえで丁寧で独自性ある商売を目指していけるのではないかと感じました。

あの春にタイマグラを訪ねて感じた、震災後からずっと、東北という土地で暮らす者の心をおおっていた薄曇りのフィルムが、ふんわりと飛んで行くような感覚を思い出しました。(まだ酔ってません)

 

お客様に支えられて研究実践してきたつもりの2年間、あらためて御礼申し上げます。

FNさんとの姉妹店運営にあたり、神戸マツモトコーヒーさんに生豆の共用を快諾を得ましたので、プロ仕様の品質と仕入れにより、風味豊かな生豆を使用して焙煎のデータ分析やブレンド配分などの情報を共有しながら、コーヒーの生産から提案までの能力を高めていくことを目指します。

仲間で情報を共有して検証や考察を行いながらコーヒー作りを向上していったほうが、楽だし、効率が良い!

神戸から迎えた焙煎の先生の影響に他ならない思考は、もちろんそのまま弊店のモットー「コバンザメ作戦商法」につながるものでもあります。

 

FN生君にコーヒー研究はもちろん、ついでに服のモデルもしてもらおう!

おまけに、お兄さんが作るカレーもだいぶ人気だそうで…。

タイマグラフィールドノートとさとう珈琲豆直売(とさとう衣料店)。

この春からの新しい歩みを見守っていただけますようお願いいたします。